浄水器比較ナビ - 価格からカートリッジ交換まで

 

あなたは、浄水器の購入を考えていませんか?昔は蛇口から出る水をそのまま飲んでいましたが、今ではスーパーやコンビニ等でミネラルウォーターを買う時代になりました。しかし、毎回重たいペットボトルを買うのは面倒で、女性の方は特に大変なのではないでしょうか。

 

そこで、そんな方にぜひおすすめしたいのが浄水器です。蛇口に取り付けるだけの物から、冷蔵庫にすっぽり入るお手軽なポット型まで、現在では色々なメーカーが製品を販売していますよ。今も昔も変わらず蛇口から出るものは飲用できますが、出来ることなら美味しい水を飲みたい、という事からの人気が高まっているのが現状です。

 

と言っても、本当に様々なメーカーから色々な種類の機器が販売されているので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。比較の仕方がよく分からない方が多いと思います。なので、こちらでは比較の仕方について詳しくご紹介している他、口コミで人気のものやおすすめの機器等を沢山掲載しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

さて、まず比較する際にはどんな製品タイプがあるのかを知ることから始めてみましょう。蛇口直結型や据え置きタイプ、ビルトインやポット型など色々な種類がありますよ。それらは、それぞれのご家庭の用途やシーンによっておすすめ機器が異なってくるので、あなたのライフスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

 

そして、次に気になってくるのが価格ですね。販売メーカーを色々と比較してみると価格はピンからキリまであって、これもまた迷ってしまうくらい様々あります。ですが、たとえどんなに販売価格が高かったとしても、決して良いものとは限らないということを覚えておいて下さい。

 

また、どんなに人気の物を買ったとしても、定期的なカートリッジ交換を怠ってしまえば蛇口から出る飲料水よりも汚れたものになってしまいます。なので、カートリッジの取替え等メンテナンスは必須になりますよ。現在では、カートリッジの取替え時期が分かるように知らせてくれる人気製品があるので、そちらを選択ポイントにするのもおすすめになります。忙しくてメンテナンスを忘れがちな方に人気のようですね。

 

ちなみに、価格については性能や大きさ、製品の型によって様々な他、カートリッジの寿命にも価格が影響してきます。また、カートリッジ自体の価格もピンキリなので、カートリッジの交換寿命や価格等も含めて用途に合わせての購入をおすすめします。このとき、一番人気のものを選んでも、人気製品がご家庭の用途に合わなければ返って割高になってしまうので、色々と比較して慎重に選んで下さいね。人気という言葉に惑わされないようにしましょう。

 

こちらでは、比較の参考になるように沢山の商品を掲載しています。口コミで人気のものは口コミも掲載している他、経済的で環境にも家計にも優しいものや、コンパクトで使い勝手の良いおすすめ機器まで色々とご紹介していますよ。ここに掲載しているものはどれもお客様満足度が高いおすすめ品なので、使ってみる価値ありです!ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

浄水器とは?


あなたは、浄水器を知っていますか?

 

こちらでは、浄水器について説明していくのでぜひ参考にしてみて下さい。

まず、簡単に説明すると、家庭に配水される水を綺麗にするための機器になります。

 

具体的に言うと、水道水に含まれている化合物や金属イオンや微生物(次亜鉛素酸、有機物など)を減らす役割があります。

 

日本の水道水では、次亜鉛素酸の働きによって蛇口の地点などに残留するよう法律で定めています。

 

そのため、大腸菌ウィルスなどの微生物が仮に含まれていたとしても無害化されています。

 

なので、本来は浄水器を設置する必要はなく、蛇口から出たものをそのまま飲んでも大丈夫なんです。

 

このように問題がないんですが、マンションなどで給水タンクを使っている場合はしっかりとメンテナンスを行っていないといけません。

 

そうしてないと、腐食や劣化によって汚染源となってしまうからです。

 

また、河川などに生息している藻類や菌類などから発生する物質については、浄水場で行う次亜鉛素酸の処理で完全除去することができないこともあります。

 

よって、それらが配水される際に入ってしまうこともありますね。

 

※ちなみに、これをカビの臭いとして認識することが出来ます。

 

よって、このような場合に混入物を除去する為に浄水器がおすすめという事になりますね。

 

<次亜鉛素酸について>
次亜鉛素酸は、私たちの体に入っても胃酸の働きで塩化水素に変化して胃酸の主成分となります。

 

なので、体に害はありません。

 

配水される中に含まれている量もごく微量のため、飲み続けても体に影響はないので安心して下さい。

 

その他、配水管や給水タンクの劣化によってサビなど金属が混入することがありますが、このような異物を除去する方法として機器が活躍しています。

 

日本以外の開発途上国などでは、水道水自体の殺菌が不完全なため浄水器が有効に働いていますよ。

 

ただし、購入の際はそれぞれの場面に適した機能を持つものを選ぶことが大切です。

 

それがポイントとなっています。

 

水道水との違い


あなたは、浄水器を利用していますか?

 

そもそも日本の水道水は安全であるとされています。

しかし、それにも関わらずなぜ浄水器を使わなければならないのでしょうか。

 

最近、浄水器を使っている家庭が多くなっていますよね。

 

このような背景があって、日本の水道局では安全な飲料水を供給するために、厳しい水質基準を設けて検査を行っているといます。

 

ですが、これはちょっと矛盾していますよね。

 

水道水に不快感があるから浄水器を使用するのに、おかしいですよね。

 

言い換えると、水道局が提供している飲料水は汚いということになってしまいますね。

 

と言っても、水の中に含まれている汚染物質は、私たち人間の予想する以上に早いスピードで変化しています。

 

なので、これらへの対応が追い付いていないとも言えます。

 

また、マンションや家庭などの貯水庫や給水管が腐食したり老朽化したりすることで、水が汚染されていることも理由の一つとして挙げられますね。

 

その為、浄水器を使って有害物質を取り除くことが必要になります。

 

これによって安心した飲料水を得ることができますね。

 

また、その必要があるとも言えます。

 

浄水器を通すことで、残留塩素を取り除くこともできるからです。

 

ではなぜ、そもそも水道水には塩素が入っているのでしょうか。

 

以下にまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

塩素が入っている理由、それはズバリ浄水場で使用しているからです。

 

水源から水を浄水場に流し入れ、それを消毒する際に使用しています。

 

しっかりと消毒するために2回投入しています。

 

そうする事によって、塩素が蛇口地点にまで残ってしまうというわけですね。

 

水源が汚染されているところほど沢山入れるようになるので、残留塩素も多くなるという訳ですね。

 

それが残っているとカルキ臭の原因になります。

 

その他、水道水にはトリハロメタンも含まれているので、水温が高くなるとこのトリハロメタンがたくさん発生します。

 

このトリハロメタンを消滅させるには、どうすれば良いのでしょうか。

 

それには、15分程度沸騰させ続ける必要があります。

 

※沸騰して直ぐに火を止めると余計にトリハロメタンを増やすことになるので、必ず15分程度行うようにして下さい。

参考サイト

ウォーターサーバー比較ランキング!電気代安い?【赤ちゃんは?】
東日本大震災以来需要が加速し続けているウォーターサーバーですが、どれがいいのかいまいち分からない!という人が多いようです。そこでコストや安全面などあらゆる観点からウォーターサーバーを比較・厳選して紹介しています!
www.waterserver-ninki-ranking.com/