ここ数年に光回線業者が高齢者宅を訪れ勧誘を強引にする事件が起きています

ここ最近、光回線の業者が高齢者宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが多くなっています。
この事態を受けて、総務省では契約より八日以内なら解約できる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を定かにいたしました。
近頃は多種多様なインターネット回線の業者がございますが、古くから存在する大手NTTのフレッツは名の知れた企業と言えます。
インターネットのみではなく、ご家庭の電話や有料テレビ等、魅力があるサービスを提供しており、厳しい戦いをしていると言われながらも、たくさんの加入者がいます。
プロバイダの通信の速さに関してですが、ほとんどの人はインターネットを使用しての閲覧、データダウンロードするなどでもっぱら使用していると思いますので、下りの速度が重要ではないかと思います。
インターネットのホームページ閲覧くらいであれば、そんなに速いスピードでなくとも問題なく使うことができます。

光回線マンションタイプ料金